口と耳の障害に係る専門家|癒す存在になるnlpのこと|協会の資格を取得してトレーナーに

癒す存在になるnlpのこと|協会の資格を取得してトレーナーに

口と耳の障害に係る専門家

女の人

幼児から高齢者までが対象

話す・聞くといった行為は人間が相互にコミュニケーションを行ううえで非常に重要な活動ですが、人によってはケガや病気、高齢等を理由として十分に機能を発揮できないケースがあります。このような場合に必要な訓練を行ったり、指導や助言をしたりする専門職が言語聴覚士です。言語聴覚士が対象とする障害は多岐にわたります。外傷などを原因とする聴覚障害、心理的要因による吃音、老齢を原因とする失語症、先天的な発達障害など、さまざまな背景を持つ患者を相手に、時には精神的な支えとなりながらリハビリを実施していきます。国家資格として発足したのは1997年と比較的最近ですが、医療・介護・福祉の三分野にまたがった幅広い活躍ができるとして人気が高まっています。

最短なら高卒後3年で取得

言語聴覚士になるための方法は大きく分けて2つありますが、最短で目指すとすれば高校卒業後、国が指定する養成学校で学習し、国家試験の受験資格を得るというコースになります。養成学校は全国の大学・短大・専門学校等で、短大は3年制、専門学校は3年または4年制となります。また、一般の大学を卒業した後に2年制の養成学校で学んでも受験資格が得られます。その他、外国で言語聴覚士に関する一定レベルの教育を受けた人に対して受験資格が認定される制度もあります。国家試験は毎年2月ごろ実施されます。試験はすべて択一式の筆記試験です。合格率はここ数年はおおむね60%台で推移しています。ただし養成学校の新卒者に限れば80%を超えています。