癒す存在になるnlpのこと|協会の資格を取得してトレーナーに

口と耳の障害に係る専門家

女の人

言語聴覚士は話す・聞くといった口と耳の機能に障害を持つ人に対し、リハビリテーションや生活上の指導などを行う専門職です。原則として高校卒業後3年以上の養成学校における専門学習を経て、国家試験に合格すると資格が得られます。

More Detail

ずば抜けた合格率

カウンセリング

プロの言語聴覚士を目指すのであれば、国家試験の合格率が高く、プロによる指導が受けられる専門学校を選ぶとよいでしょう。言語聴覚士には国家資格が必要となりますが、専門学校では医療に必要な最先端の技術や知識をプロから学べ、就職のためのサポートも受けることができるのです。

More Detail

社会で求められる資格です

大学生

社会福祉士は今や、新潟に限らず全国的に必要とされる人材です。専門的な知識を持って、障害や日常生活上で支障となっている問題を解決していくための支援を行います。そして、人々が安心して暮らすことの出来る地域社会を支える存在です。

More Detail

世界が注目するセラピー

メンズ

メンタルの癒やしに効果的

現代人は色々なストレスによって体調が悪化したり、病気に罹ったりします。医療技術で治療できるものもあれば、難病として指定されて治療法が見つからないものもあります。人間には化学や医学だけでは解明できない未知の部分があり、それを癒やすのがセラピストの仕事です。セラピストとして働く場合は資格が必要ですが、色々なジャンルがあります。アロマテラピーやヨガや気功法などもその一種です。アメリカで誕生して世界的に注目されているのがnlp協会の資格です。nlp協会で扱っているのは心理療法におけるセラピストの養成です。今ではプロのテニスプレイヤーのメンタルサポートにも利用されており、コミュニケーション効果によって精神的安らぎを得ることができます。

様々な分野で働ける資格

nlpというのは神経言語プログラミングという意味で、人間は生まれつき持っている五感を通して世の中を認識しているのです。nlp協会が開発したプログラムでは、人間がこれまで常識として認識してきたプログラムを書き換えることができます。これによって悪い習慣や気持ちの持ち方を変え、前向きに生きていくことができるのです。例えば人と会話する時に手が震える症状が出る場合、nlp協会で資格を取得したセラピストの治療を受けると震えを消すことができます。このように人間には苦手意識があり、その場面に立ち向かうと緊張感から失敗することがあります。これからセラピストを目指す人にとって、nlp協会の資格は活躍の分野を広げてくれます。整体師やスポーツトレーナーとして働く場合にも、nlp協会の資格を取得していれば有利です。